menu

高血圧治療薬メインテート

ミカルディスは血圧を下げる薬で、高血圧症に使用します。血圧を上げるアンジオテンシンIIという体内物質を抑える作用があり、体の血管を広げて水分や電解質を調節するので血圧が下がるのです。効果としては心臓や腎臓の負担を軽くすることも期待出…

高血圧の人は糖尿病にもなりやすい傾向があります。高血圧の9割は本態性高血圧と言って、原因となる疾患が特にない、生活習慣病の一つです。肥満や運動不足や塩分の摂りすぎや質の悪い脂肪分の摂りすぎなどの、好ましくない生活習慣が原因だとされて…

ノルバスク治療薬は、昔から服用されている薬で、安全性が高く重篤な副作用を起こさない降圧剤として有名です。ファイザー製薬が1993年に発売した治療薬で、アムロジピンベシル酸塩という成分で作られており、カルシウム拮抗剤に分類されています。…

50歳以上の人の2人に1人が高血圧だと言われています。高血圧には一次高血圧(一次性)と二次高血圧(二次性)があります。一次高血圧は本態性高血圧と呼ばれることの方が多いでしょう。本態性高血圧とは、血圧が高くなるような原因疾患が特にない…

メインテートは体の循環器系に影響を与える薬であり、心拍数が上がるのを防ぐ作用がある薬なので、場合によっては心臓に副作用を及ぼすことも考えられます。自分の持病の種類によっては副作用の症状や発症確率は異なりますが、主な症状としては脈拍数が減…

高血圧や狭心症、不整脈、慢性心不全などに対する治療薬としてメインテートが用いられることがあります。メインテートはビソプロロールを主成分とした薬でありβ遮断薬に分類されていますが、以下にβ遮断薬としてのメインテートの効果について挙げていき…

ピックアップ記事

  1. ミカルディスは血圧を下げる薬で、高血圧症に使用します。血圧を上げるアンジオテンシンIIという体内…
  2. 高血圧の人は糖尿病にもなりやすい傾向があります。高血圧の9割は本態性高血圧と言って、原因となる疾…
  3. ノルバスク治療薬は、昔から服用されている薬で、安全性が高く重篤な副作用を起こさない降圧剤として有名で…
ページ上部へ戻る